フォト

坂本・深津社会保険労務士法人

メールマガジン

無料ブログはココログ

トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

中小企業ビジネス創造フェア

2月23日に中小企業ビジネス創造フェアに出展してきました。

ここでは、中小企業診断士がブースを設置し、事業主様から個別相談を受けます。そこから、コンサル等の業務に結び付けていくことを目的としている方が多かったと思います。私は、そういう立場でいました。

また、集客のために著名な方にセミナーをしてもらうといった工夫もありました。

しかし、ほとんど相談される方は来ませんでした。これは、私のブース以外も同様であり、そもそもブース前を通る方もほとんどいない状況でした。

この原因は、いくつかありますが、最も大きな点はフェアについて外部へのアピールが弱かったことでしょう。また、著名人のセミナー終了後にブースへ誘導するための工夫も見受けられませんでした。セミナーが終わったら、さっさと帰ってしまう感じです。

主催者側も一生懸命であり、私も研究会所属という立場で参加する機会を与えられたため、決して文句をいえる立場ではありませんが、やはり反省すべきところは反省すべきです。

特に、外部の人は出展料を負担して、プロジェクタやパネルの準備等気合を入れてきているわけです。こういう人たちが満足して帰らないと、ますます診断士のイメージが悪くなってしまいます。

ただ、私自身も、今後対外向けに自主セミナーを開催することを考えています。そういう意味で、集客の難しさと大切さを学ぶことができたことは良かったと思います。

ブース

2006年2月27日 (月)

人事・労務イノベーション研究会(いちご会)

昨日は、人事・労務イノベーション研究会(いちご会)に参加しました。対外的には、人事・労務イノベーション研究会。通常は、いちご会という感じで使い分けています。

今日は、この研究会について紹介します。

この研究会は社会保険労務士のメンバーで構成しており、毎月1回集まっています。もう3年になります。一応、私がリーダーを担当していますが、リーダーといっても名ばかりで、皆さんに助けてもらいながら、頑張っています。

これまでは、モデル就業規則の作成、賃金制度の改革、そして現在は人事評価基準の作成に取り組んでいます。

また、勉強会の前半1時間はセミナーをメンバーで交代して進めています。回を重ねるごとに皆さんセミナーが上手になりました。

対外的には、人事・労務イノベーション研究会として、現在人事情報誌において労務管理のQ&Aの連載を行っています。今後対外的活動も増加していきたいと思います。

もう、研究会も3年になりますが、メンバーも色々入れ替わりがあり、結構悩んだ時期もありましたが、特に発足からいるメンバーには、本当に助けられました。社労士業務は、色々なテーマがありますが、困ったときにお互いに聞くことが出来る関係になっています。今日も朝から高年齢者雇用安定法の資料をメールで送っていただきました。このようなネットワークは、自分にとっては大きな財産です。

まだまだ長い人生。人との出会いを大切にしながら、前向きに頑張っていきたいと思います。

2006年2月26日 (日)

ブログ本格スタート

いよいよ今日から本格的にブログスタートです。ここでは、1日の出来事の一部や日頃思っていること、その他色々なことを書いてみたいと思います。

今日は、社労士会世田谷支部の役員の活動について書きます。

私は、職域委員会という組織に所属していまして、一応副委員長という肩書きです。副委員長というと偉そうに聞こえますが、実は、メンバーはわずか3人で、一番ペーペーです。でも、皆さんとてもいい人たちですので、とても楽しく活動できています。(^o^)

活動内容の中心は、区役所の労働相談コーナーの管理・分析です。世田谷区の各地(三軒茶屋、北沢、烏山等)で労働相談を実施していますので、気軽に来てください。こうした、労働相談を分析を行うわけですが、相談内容は色々です。このため、どんな相談がくるかわからないので、予習は、正直大変なところもあります。でも、相談に来られた方が、少しでも悩みがとれるようにがんばりたいと思います。

私の役員も後1年ありますが、とにかく、楽しく前向きにがんばりたいと思います。

話は、変わりますが、荒川静香選手の金メダルは「やったー」という感じです。(^-^)金メダルが確定した瞬間、一人でバンザイしていました。次は、野球とサッカーですね。ニッポン頑張れ!

こんな調子でブログを続けますので、宜しくお願い致します。

2006年2月16日 (木)

ブログスタート

今日からブログをスタートしました。

タイトルはバーニングにしました。

いつも日々一生懸命、燃えているという意味なのですが、燃えつきないように気をつけます。

宜しくお願い致します。

トップページ | 2006年3月 »