フォト

坂本・深津社会保険労務士法人

メールマガジン

無料ブログはココログ

« 年度更新受付コーナー担当は疲れました。 | トップページ | 評価基準終了!いよいよ新展開へ »

2006年5月20日 (土)

「星を射る」ついに終了

ついに韓国ドラマ「星を射る」を全て見てしまった。

1日1話限定で寝る前に妻と一緒に韓国ドラマを見る習慣がついているのですが、「星を射る」の最終回を見ました。

正直とても面白かったです。

私個人の感想では、今まで見た韓国ドラマで一番面白かったのは「グッキ」、次が「チャングムの誓い」、その次にこのドラマです。

ストーリーは、識字障害をもつが記憶力抜群の「ク・ソンテ」、はじめはだらしない生活をしていたが婚約者に裏切られマネージャーとして自立する「ハン・ソラ」、そして裏切られ傷ついても恐ろしいほど広い心を持つソラの兄「ハン・パダ」が芸能界で様々な困難にぶつかりながらスターを目指すものです。

このドラマは、ここであげた3人が自分をかえりみず、不器用ながら本当に相手のことを思いやる心温まるドラマです。

見てよかったと思いましたが、妻は全部見終えたということで「心にポッカリ穴があいた」とポツリ。また別のものを借りるのかな。ほっておくとイ・ビョンフォンのドラマが集中しそうなので、おさえておかねば。

« 年度更新受付コーナー担当は疲れました。 | トップページ | 評価基準終了!いよいよ新展開へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50307/1890756

この記事へのトラックバック一覧です: 「星を射る」ついに終了:

« 年度更新受付コーナー担当は疲れました。 | トップページ | 評価基準終了!いよいよ新展開へ »