フォト

坂本・深津社会保険労務士法人

メールマガジン

無料ブログはココログ

« 新会社法でノイローゼ | トップページ | パスネットではバスに乗れない »

2006年5月12日 (金)

味噌一で学ぶこと

三軒茶屋に「味噌一」というラーメン屋さんがあります。

私は、好きでよく行くラーメン屋ですが、そこは味噌ラーメンしかない。

しかし、時間帯によっては、混んでいて結構人気がある。

味噌ラーメンの中で、辛さを調節したり、赤味噌を使用したり等でいくつかメニューがわかれている。

なぜか、ラーメン屋の定番である餃子がない。

こんなところでしょうか。

以前新橋の「なつかしや」でマーケティングの原点を見たと書きましたが、ここでもマーケティングの原点をみたような気がしました。

まず、徹底的な専門化です。ラーメン屋は、結構低価格なお店、総合的(しょうゆ、とんこつ、味噌等)で幅広い品揃えをしているお店があります。でも、人気のあるお店は、徹底的に1つのテーマにこだわっているような気がします。

渋谷にも「つけめんやすべえ」というお店がありますが、そこは「つけめん」がメインで、同一の料金で大盛りから普通盛りまで自由に選べるのが特徴です。

次に、あたりまえの話ですが、「おいしい」ということです。スープの味付け、麺についてもこだわりがみられます。これも専門化ゆえの特徴です。徹底的にこだわっているからこそ、品質もよくなると思います。

最後に価格です。確かトッピングなしの通常価格で700円前後というところだったと思います。あまり高すぎもせず、安すぎもせずです。適正な価格だということです。この辺も魅力ある点だと思います。

さて、このような感じで私の業務で学ぶこと。まず、商品メニューが多すぎるのが問題。もう少し絞り込まなければいけないと思いました。あれもこれもと欲が深すぎたかなと反省。やたらに職域を広げないで、1テーマの中でもう少しこだわりがないといけないと感じました。

ただ、良かった点は、何気なく入った店でも、何かヒントを得るためにきちんと観察する習慣が身についたことです。あとは、これをどう結果に生かしていくか。これが、自分にとっての最大の課題です。

« 新会社法でノイローゼ | トップページ | パスネットではバスに乗れない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50307/1770089

この記事へのトラックバック一覧です: 味噌一で学ぶこと:

« 新会社法でノイローゼ | トップページ | パスネットではバスに乗れない »