フォト

坂本・深津社会保険労務士法人

メールマガジン

無料ブログはココログ

« 努力と戦略 | トップページ | 陽はまた昇る »

2006年7月15日 (土)

年金は難しい。 

昨日は、月1回の年金の勉強にいってきました。

テーマは、在職老齢年金と高年齢雇用継続給付の関係と基金がある人の年金の計算です。

前者は、既にある程度知識がありましたので、簡単でした。

後者は、ちょっと厄介です。基金がある人は、国と基金から年金が支給されるため、国の支給額は少なくなっています。その分、基金が代行部分としてカバーしているからです。

従って、国の支給額を計算するときは、本来の支給額から基金の支給額を差し引くことになります。

勘違いしやすいのは、基金は再評価や物価スライドを考慮しないこと。基金は新乗率ですが、国の分は旧乗率になります。(この辺は、難しいので、年金に興味がない人は無視してください)

年金は、はっきりいって難しいです。もっとシンプルな仕組みにすればいいのに。

そうえいば、年金分割なんていうのも、来年から始まります。またまた、複雑になっていくのでしょうね。

坂本社会保険労務士事務所 http://www6.ocn.ne.jp/~haru/
ビジネスブログ      http://sakamotonaoki.seesaa.net/
メルマガ「優秀な人材の確保・定着の秘訣は就業規則にあり!」
http://www.mag2.com/m/0000185976.html

« 努力と戦略 | トップページ | 陽はまた昇る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50307/2661314

この記事へのトラックバック一覧です: 年金は難しい。 :

« 努力と戦略 | トップページ | 陽はまた昇る »