フォト

坂本・深津社会保険労務士法人

メールマガジン

無料ブログはココログ

« 人事・労務イノベーション研究会でした | トップページ | 解答だしについて(続) »

2006年8月 7日 (月)

解答速報だし

昨日は、診断士試験の解答速報だしで、朝からこもって作業していました。

中小企業診断士の受験生の皆様、お疲れ様でした。

さて、私は経営法務という科目を担当していましたが、受験生にとって合格ラインの60点を超えるのは厳しいかなと思います。多分、合格基準の弾力化で合格ラインが下がると予想しています。勿論、あくまでも予想です。

全部の問題を見てみたところ、明らかな基礎知識で解ける問題と普通に問題文を読んでいれば知らなくても解けるであろうというのもあります。

冷静に対処できれば、1年間頑張ってきた人であれば、合格できていると思います。

出題テーマは、ほぼあてました。新会社法の機関設計、株式、知的財産では職務発明等、国際契約の特有の条文(不可抗力事項、仲裁等)、貿易関係、敵対的買収(ライツプラン等)といった感じですね。毎年出題される民法(債権)がでなかったのは、やられましたが。

そういう意味では、自分の教え方の方向性はあっていたと思う。これは自信になりました。

しかし、選択肢そのものの細かいところは、さすがになかなかあたらない。でも、これはどの受験機関も一緒のことであろう。ただ、先ほどの説明の通り、問題文を読んでいけば常識的に判断できる問題も多かった。そういう意味で、知識量の豊富さも重要であるが、冷静に対処できるかが合格のポイントになったような気がする。

いずれにしても、一次試験は終わりました。合格できそうだと思う方は、速攻で二次試験の勉強をして下さい。残念な結果に終わった人も、科目合格制になっています。気を落とさずに、苦手な科目を来年しっかりおさえていきましょう。

坂本社会保険労務士事務所 http://www6.ocn.ne.jp/~haru/
ビジネスブログ      http://sakamotonaoki.seesaa.net/
メルマガ「優秀な人材の確保・定着の秘訣は就業規則にあり!」
http://www.mag2.com/m/0000185976.html

« 人事・労務イノベーション研究会でした | トップページ | 解答だしについて(続) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50307/2966747

この記事へのトラックバック一覧です: 解答速報だし:

« 人事・労務イノベーション研究会でした | トップページ | 解答だしについて(続) »