フォト

坂本直紀社会保険労務士法人

無料ブログはココログ

« G+加入 武道館決戦 | トップページ | どうするブログ? »

2007年1月22日 (月)

ノア武道館の感想

昨日の夜は、じっくりG+でプロレス観戦しました。ということで、今日はその感想にします。

まずは、メインの「三沢vs森嶋戦」。三沢選手が脳震盪で病院直行したということもあり、激しい試合でした。それでも勝ってしまう三沢選手はすごいと思いました。

森嶋選手は、いつもより動きが鈍かったかも。ただ、三沢選手が脳震盪を起している中で攻め切れなかったような気がしています。森嶋選手の必殺技はバックドロップですが、連発がでませんでした。森嶋選手は心が優しい選手と聞いていますので、そこに神経を使って、結果的にスタミナが切れたようなイメージをもちました。お互い万全なときに、再戦していただきたいと思います。

さて、今回最も輝いていた試合は、「ブリスコ兄弟vs鼓太郎・マルビン」ですね。ジュニアの魅力満載の試合でした。この試合は、武道館の観客はみな満足したのではないでしょうか。互いに予想もつかない動きで観客を魅了しました。また、それを受けきる受身とスタミナもすごいと思いました。負けたけどブリスコ兄弟は素晴らしいチームです。また、来日してもらいたいです。

ノア引退試合となるSUWA選手は、「さすが」ですね。引退試合で、タッグパートナーを攻撃するとは、さすがに予想つかなかったです。実力もさることながら、こういうサプライズができる選手は、なかなかいませんので、引退は惜しいです。でも、第二の人生を歩んだとしても、うまくいきそうです。

G+も良かったけど、やっぱりプロレスは生観戦が一番ですね。また、今年も武道館生観戦に行こうと思います。

« G+加入 武道館決戦 | トップページ | どうするブログ? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50307/5031455

この記事へのトラックバック一覧です: ノア武道館の感想:

« G+加入 武道館決戦 | トップページ | どうするブログ? »