フォト

坂本・深津社会保険労務士法人

メールマガジン

無料ブログはココログ

« どうするWii? | トップページ | ゆっくり休息 »

2007年4月15日 (日)

研究会でセミナー開催準備で思うこと

昨日は、診断士のとある研究会に参加してきました。

今後対外的にセミナーを開催します。そのため、どういう準備が必要か議論しました。

ただ、今のペースでは難しいかな。対外的セミナーを行うことはいいのですが、どうもセミナーを行うのが目的となっているような気がします。そのため、いまひとつ盛り上がりがかける面があります。スピード間のなさも気になるところです。

私自身も日々反省するところがありますが、物事を点でみてしまいがちになります。

点ではなく線や面というかたちで、視野を広くしていかなくてはなりません。

セミナーというものは、私も何度か実施しましたが、これは「点」だと感じています。

それでは、「線や面」とは何か。

セミナーを通じて、様々な顧客と名刺交換する。そこで顧客にアプローチする。また、セミナーをビデオに収録してDVDとして発売する。さらにDVDを購入したいただいた方に、さらに別の商品を購入していただく。セミナー開催時に使用したレジュメを活用して、執筆する。まだまだあります。こうして広がりをもたせることが大切です。

最終目標は、「売上や利益の拡大」です。セミナーとはそのための手段の1つであり、「点」だと思います。そういう意識が大切だと思います。

そういう私も、まだまだです。セミナーは結構パワーがいるので、終わったら、それで「ホッ」とするのがあります。本当は、その後が大事なのにですね。

しっかり、頑張っていきたいと思います。

« どうするWii? | トップページ | ゆっくり休息 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50307/6098225

この記事へのトラックバック一覧です: 研究会でセミナー開催準備で思うこと:

« どうするWii? | トップページ | ゆっくり休息 »