フォト

坂本直紀社会保険労務士法人

無料ブログはココログ

« 人事労務イノベーション研究会でした。 | トップページ | ビデオ壊れる »

2007年8月14日 (火)

妻、「HERO」にはまる

間もなく公開される「HERO」ですが、どうも妻のファンのイ・ビョン・フォンがゲスト出演するキムタクが主演の映画です。

もともとはテレビ・ドラマで放映していましたが、このたび映画でスペシャル版を公開することになりました。

それはそれで結構なことなのですが、妻が突然、ツタヤでレンタル・ビデオを大量に借りてきた。タイトルは全て「HERO」。

どうやら、映画公開前にドラマを全て見ておくらしいです。当然、私もつきあわされます。

でも、最初はしぶっていましたが、内容は私の好きな法律ものでしたので、結局私も楽しんでみています。

仕事に影響が出ない程度に見ることにします。

それでは、よい1日をお過ごし下さい。

人気blogランキング ←参加しています。応援クリックお願いします。

« 人事労務イノベーション研究会でした。 | トップページ | ビデオ壊れる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50307/7531930

この記事へのトラックバック一覧です: 妻、「HERO」にはまる:

» HERO映画 [HERO映画]
HERO映画のあらすじは?6年ぶりに虹ヶ浦から東京地検・城西支部に異動となった検事・久利生公平(木村拓哉)はある時、芝山(阿部寛)が起訴した事件の裁判を任されることになる。早期に決着がつくと思われていたが、容疑者が一転無罪を主張するという事態に見舞われてしまう。その容疑者を刑事事件無罪獲得数日本一の敏腕弁護士・蒲生一臣(松本幸四郎)が弁護し、冷静な法廷戦術で久利生を追い詰めていく。やがてこの事件が久利生が山口県・虹ヶ浦支部赴任時に大きな因縁がある代議士・花岡練三郎(森田一義)...... [続きを読む]

« 人事労務イノベーション研究会でした。 | トップページ | ビデオ壊れる »