フォト

坂本直紀社会保険労務士法人

無料ブログはココログ

« 目指せ、リラックス・モード | トップページ | 診断士講座、受講生の皆さん真剣です。 »

2007年8月18日 (土)

セミナーのあり方

先日、久しぶりにセミナーを受講しました。

テーマは、「高年齢者の雇用」に関するものです。

私も何度か、このテーマでセミナーをしたこともありますが、そろそろ新しい情報が入手できるかなと期待して参加しました。

でも、結果は、特に目新しいものはなかったです。それと、価格が安かったこともあり、「本気で情報を出していないな」というのもわかりました。

見た目はパワーポイントを使って綺麗なのですが、迫力に欠けました。

私は、以前はプロジェクターを購入してパワーポイントでセミナーを行っていましたが、最近は、レジュメ+板書のほうが多いです。このほうが、迫力があるような気がします。

それと、なるべく情報は出し惜しみをしない。これも鉄則です。出し惜しみをすると、聞く人が聞いたらばれちゃいます。よほど、有名な人でないと、次回からはなかなか声もかけてはくれないでしょう。

セミナーは、参加者の立場にたつことが大切ですね。

それでは、よい1日をお過ごし下さい。

人気blogランキング ←参加しています。応援クリックお願いします。

« 目指せ、リラックス・モード | トップページ | 診断士講座、受講生の皆さん真剣です。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50307/7579302

この記事へのトラックバック一覧です: セミナーのあり方:

« 目指せ、リラックス・モード | トップページ | 診断士講座、受講生の皆さん真剣です。 »