フォト

坂本・深津社会保険労務士法人

メールマガジン

無料ブログはココログ

« 久しぶりの労働相談員 | トップページ | 女子マラソンをみて »

2008年3月 7日 (金)

残業イベント無事終了

昨日は、残業関連のイベントでした。

私は、相談に対応するため行ったのですが、特に相談はなく、最後懇親会に参加してきました。

実際、中小企業の経営者にとっては、まず「ワークライフバランスは大事とはわかるが、なかなかうまくいかない」というのが悩みというのが実感しました。

その理由は、顧客対応です。顧客のサービスに対する要求水準が厳しいため、場合によっては、長時間労働や休日出勤は避けて通ることができないのが実情です。ただ、残業手当は、適切に計算して払っているので、この点は心配ないような感じでお話されていました。

さて、私の考えですが、まず残業手当を適切に支払う。これが第一段階です。従って、長時間労働に対しては、適切に金銭的な面で報いてあげることが大事です。これが不十分ですと、労働基準監督署の監督官がやってきて痛い目にあうリスクがあります。

しかし、これは第一段階であって、次に行うのが安全配慮義務です。長時間労働と労災は因果関係があります。特に月100時間を超える状態が継続していたら要注意です。従って、時短は避けて通ることはできません。労働契約法にも、安全配慮義務が明記されていますので、注意が必要です。

そのためには、どうするか。これは、仕事の工夫とブランドの確立と思っています。今まで、1時間かかっていた作業を30分にする。対顧客対応では、顧客に振り回されない独自のサービスを創出し、顧客から「是非あなたにお願いして欲しい」と頭を下げて頼まれる存在になることです。

是非頑張っていただきたいと思います。

それでは、よい一日をお過ごし下さい。

人気blogランキング ←参加しています。応援クリックお願いします。

« 久しぶりの労働相談員 | トップページ | 女子マラソンをみて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50307/11042375

この記事へのトラックバック一覧です: 残業イベント無事終了:

« 久しぶりの労働相談員 | トップページ | 女子マラソンをみて »